アートメイクの痛み!

TOP > コラム > アートメイクの痛み

☆アートメイクの痛み

アートメイクの施術を受けようと思っている方で、一番気にされるのがこの「痛み」についてです。

実際にアートメイクは本当に痛いのか?あるいはどのくらい痛いのか?
痛みを感じないことはあるのか?など説明してまいりたいと思います。

麻酔がないと基本的には痛い!痛みの度合いは人によって

麻酔がないと基本的には痛い!痛みの度合いは人によって アートメイクは、針を使って色を付けていく美容法です。
針を使うのですから、無痛というわけにはいきません。
痛みというのはもちろんあります。

但し医療機関においての最近のアートメイクは、麻酔を使ってから施術を受けることができる施設がたくさんあります。
麻酔を使えばやはり痛みはほとんどありません。
まったく痛みを感じなかったという方すらいます。

では、麻酔を使わないとどうなるのか?
これは施術する側の技術や技法、また、施術される側のアートメイクの痛みへの強さの耐性によってやはり様々です。

ただ、最近のアートメイクに使用する針はこの辺りを考慮してかなり細いものを使用していることも多く、そのような針で施術をする際はほとんど痛みを感じないこともあります。

いずれにしても耐え難いほどの痛みを感じるケースは、一般的にはかなり少ないといわれています。

実用性と痛みを天秤に!

実用性と痛みを天秤に! 上述の通り、麻酔を使用すればほとんどアートメイクは痛みを感じません。
また、細い針であればそれほど痛みも感じないといわれています。

ただ事前に無料のカウンセリングを行っているケースも多々ありますので、実際に施術を検討している施設にて痛みの度合い、麻酔の可否については心配な場合は尋ねるのが良いと思います。

基本的に耐えがたいほどの痛みが予想されないのであれば、施術後の実用性と天秤にかければ、痛みというのは大きなファクターにはならないといわれています。

アイラインを毎日引くのが面倒になってきた、忙しい朝にメイク時間を短縮したいなど、施術後の実用性は沢山あります。
最も多いのは、「メイクが楽になった」という感想です。

施術する部位によっても異なりますが、基本的には施術時間は1~2時間程度が一般的です。
施術中も常時痛いわけではありませんので、時間としてはわずかな時間だと思われます。

「眉」と「アイライン」はどちらのアートメイクが痛いかという点もマチマチのようです。

施術当日は体調も万全に!

施術当日は体調も万全に! アートメイクの施術時に感じる痛みの度合いは、当日の体調面によっても変わります。
出来る限り施術当日は体調を整えて万全な状態で行きましょう!

疲れがたまっている、寝不足、二日酔いなどいつも以上に体調が悪い時は避けた方が良いといわれています。

アートメイク痛みの感じ方は人それぞれです。
毛抜きで毛を抜くときのような痛みの感じ方や、パチンと輪ゴムで引っ張られたような痛みなど・・・、程度にもよりますが人によっても全然感じ方が違うようです。

現代のアートメイクでは痛みについてはそれほど大きな要素にはなりませんが、どうしても気になる場合は、麻酔を使用してもらえる施設を探してアートメイクをされるのがおすすめです。
アートメイクを施術する医療機関の多くでは麻酔を使用しています。

アートメイク初心者の方にとってはとても気になる痛みについてですが、一度経験し、問題がないようであれば、眉・アイライン・リップなど気になる次の部位もやりやすくなるかもしれません。

☆コラム一覧

Sponsored Links
Sponsored Links
Copy right(c) 2008-2017 アートメイクNAVI All Rights Reserved.
Copy right(c) 2008-2017 アートメイクNAVI All Rights Reserved.