乳輪のアートメイクについて

TOP > アートメイクとは? > 乳輪のアートメイクについて

☆乳輪のアートメイクについて

女性特有の悩みではありますが、乳輪の大小はとても気になるものです。

乳輪の色や形、大きさなど人それぞれ違いますが、やはり容姿のほかの部分と同様、コンプレックスを持っている方もたくさんいらっしゃいます。

乳輪アートメイクについて

乳輪アートメイクについて この乳輪に関するコンプレックスを取り除き、自信のある自分を手に入れる直接的な方法、それが乳輪アートメイクです。

この乳輪のアートメイクは特別なものでなく、一般的に行われています。

アートメイクというと、通常は色を足すものだと思いがちですが、この乳輪アートメイクではそれだけではありません。
色を消して乳輪を小さくすることもできますし、逆に色素を付加して大きくすることもできます。

また、色が濃い場合には薄い色を乗せて自然なピンク色に近づけることも可能です。
もちろん限度はありますが、自由に乳輪をデザインすることできるのです。

異性が好む、好まないではなく、自分の気に入るデザインにすることができるのです。

目的として、近年注目されている女性の病気「乳がん」など、乳房の除去手術などによって乳輪などが失われたケースでもこちらのアートメイクは重宝されています。
パラメディカルアートメイクなどとも呼ばれ、欠損した乳輪をもちろん表面上のデザインのみとはなりますが、アートメイクによって再建する事が可能です。

その他にも移植や変色など、病によって失われた乳頭や乳輪の再建として、乳輪アートメイクは重宝されています。

痛みについて

乳輪へのアートメイク施術は、眉やアイラインのアートメイクと同じく痛みの心配はさほどありません。

アートメイクにおいて、最も人気の高い眉やアイラインは目にも近く恐怖感や痛みは大きいといわれていますが、それらに比べると乳輪の方が痛みや怖さはかなり軽減されるといわれています。

施術後に色素が馴染むのに、若干時間がかかるので、施術直後は乳輪があまり綺麗には見えませんが、2~3日後には落ち着いて綺麗な形の乳輪となります。

料金について

アートメイクの料金は医療保険の対象外となります。
乳輪に関しては、施術範囲も広く、更にはマイナーな部位の為、技術力や経験も要する施術です。
眉やアイラインといった部位よりも料金はかかります。
クリニックによっても様々となりますが、大体10万円前後から数十万円かかります。

施術内容と肌質にもよりますが、アートメイクですから5年程度で元の形や色に戻ってしまいますので、継続をするためには常にリペアが必要となります。

乳輪の色が濃くてまたは薄くて悩んでいる方、、乳輪が小さくてまたは大きくて悩んでいる方、アートメイクで充分なカウンセリングを受けて、悩みを解決しましょう。

乳輪のアートメイクを扱うクリニックはそれほど多くはありません。
一般的にアートメイクは眉やアイライン、あるいはリップといった顔のパーツがほとんどで、需要も90%以上は顔のパーツに集中します。

乳輪の場合は、美容目的とカモフラージュの目的と2分されていますので、それぞれにおいて強みのあるクリニックでの施術がおすすめです。
特にカモフラージュ目的の場合は、パラメディカルなどに特化した専門クリニックにての施術がよいでしょう。

アートメイクとは? 眉のアートメイクについて アイラインのアートメイクについて リップ(唇)のアートメイクについて ほくろのアートメイクについて 乳輪のアートメイクについて アートメイクの除去について ファインメイクとは? 韓国のアートメイクについて こんな時にアートメイクは便利 メンズアートメイク アートメイクのコラム
Sponsored Links
Sponsored Links
Copy right(c) 2008-2017 アートメイクNAVI All Rights Reserved.
Copy right(c) 2008-2017 アートメイクNAVI All Rights Reserved.