アートメイクの発祥について

TOP > アートメイクとは? > アートメイクの発祥について

☆アートメイクの発祥について

人気のアートメイクは、実際どこで生み出された美容法なのでしょうか?
近い美容法ではマツエクは韓国からはじまったといわれています。
韓国から日本(名古屋といわれている?)に伝わり、現在大ブームとなっております。

ではアートメイクは、どこで生まれどのように広がっていったのか?
コラムでまとめさせて頂きます。

発祥は中国?!

発祥は中国?! アートメイクは、ずばり中国からはじまったといわれています。

中国では人相学が有名です。
占いや運勢といった分野も中国から様々に生み出されていますが、人相学では顔は心の鏡として、様々な性格や運勢が人相に基づいて表れてくるとされています。

人相によって運命を変える…風水の様に家のある場所に水晶や置物を置く、そんなイメージで眉の形を変えて色素を入れたのがアートメイクのはじまりだといわれているようです。

中国の人相学 この中国の人相学においては、眉の薄い女性は幸せになれない・なりにくいといった部分からも濃い眉を作るため、アートメイクをされたという話もあります。

眉の書き方ひとつで、お顔の印象や雰囲気も変わる!といったキャッチフレーズは、今では広く日本でも知られている事ではあります。

運気の上がる眉を導き出し、その形や色を変えないようにアートメイクで創り上げることで、より良い人相を保ちながら運勢をあげていこうというのが、そもそものスタートだったのかもしれません。

中国で生み出されたアートメイクは、台湾にわたり一躍ブームとなりました。
その後はヨーロッパへと渡り、パーマネントメイクという名でよりデザイン性を高めた進化したアートメイクとして広がりを見せました。

そして1980年代に入って、いよいよ日本にもその技術が伝わってきたといわれています。

進化する技術

アレルギー体質の方の強い見方! アートメイクは現在、医療機関においての施術が可能な美容法となっています。

日本に上陸したこの技術は、ファッションやメイクのトレンドの変化と共に、よりデザイン性の高いものへと変遷してまいりました。

流行りの眉、自分自身に合った眉、なりたい眉と、オーダーメイド式で様々な部位へとアートメイクを施していきます。

美容法の一種としてスタートしたアートメイクは、現在医療用のカモフラージュ技術としても大きな役割を持っています。
実際には手術や病気において欠損した体の部位に対して、アートメイクによってカモフラージュする事で、失われた部分の補てんをするといった技術です。

まだまだ広く知れ渡っていないこのカモフラージュの一環としてのアートメイクは、今後もますます認知度を高め、世の中に広まっていくのではないでしょうか?

技術や役割共に進化を続けるアートメイクは、今後も女性の大きな味方になることは間違いないでしょう。

アートメイクとは? 眉のアートメイクについて アイラインのアートメイクについて リップ(唇)のアートメイクについて ほくろのアートメイクについて 乳輪のアートメイクについて アートメイクの除去について ファインメイクとは? 韓国のアートメイクについて こんな時にアートメイクは便利 メンズアートメイク アートメイクのコラム
Sponsored Links
Sponsored Links
Copy right(c) 2008-2017 アートメイクNAVI All Rights Reserved.
Copy right(c) 2008-2017 アートメイクNAVI All Rights Reserved.